けーせらーせらー

仕事、転職に関するエトセトラ

面接が嫌いなのは、本心が隠し切れないから

自分は、面接が嫌いです。

最近読んだ本の中の「恨み」という項目で改めて気づかされました。
要するに面接に「恨み」があるから、常に文句を言っているわけですね。
そこで、改めてなぜ面接が嫌いなのか自己分析してみると、根本的には面接によって自分の以下の本心があぶりだされしてしまうからですね。

1 最初の会社への「恨み」を引きずっているから

その「恨み」です。最初の就職先で「メンタル疾患」になり、不本意な退職となってしまったことが、ずっと尾を引いています。

「他人のミスの責任を取らされた」
「他人の代わりに頑張ったのが失敗だった」
「会社のために頑張ったのに、見捨てられた」

と今でも恨んでいるからです。そして、その退職後の無職期間が長いことで、転職面接の際に10年以上前のことをなかったことにすることができない。
面接官にこの会社の質問をされることで、「恨み」が思い起こされるのです。なので、どうしても面接時にこの会社の話がでてくると、気持ちがナーバスになり、面接の雰囲気が悪くなるわけです。
”恨みをひきずる”転職者は、面接で評価されないのはわかっていますが、それでも「恨み」を消化できていないわけです。「忘れる」ぐらいしか対処方法がないのですが、蒸し返されるから、どうしようもない。

2「人間不信」だから

また「人間不信」に陥っています。
「人に責任を転嫁させられないか」「騙されてないか」「スケープゴートにされないか」と疑いの目で他人を見てしまいます。

3 最初の会社やめたくなかったから

そもそも転職がしたいわけでなく、最初の会社に戻りたいのが私の本心です。全く別の会社の転職面接を受けていること自体、不本意なのです。最初の会社が、そんなに立派で、そこの仕事以外はしたくないほど魅力的というわけではないのですが、不本意で辞めたから、綺麗に辞められなかったから、悔しくて仕方なくて未練を引きづっているわけです。もっといい人(かいしゃ)はいるはずなのに(笑)何、恋愛で振られた後引きづっているみたいなこの状態は(悲)

4 面接を受けた会社の志望動機がないから

では、最初の会社以外でしたい仕事が他にあるかというと、漠然としたイメージはあるのですが、それと一致する求人を見つけられない。そのため「経験のある職種」「給料」「通勤距離」という基準で選んでいるから、面接のしょっぱなの志望動機が満足にいえない。とってつけたような言葉でしかいえない。そもそも、上記の3つの理由が満たされれば、他の別の会社でもよい、というのが透けて見えている状態です。

まとめると、今でも最初の会社での「恨み」「人間不信」「未練」を残し、「志望動機が何もない」から、そしてそれに対する回答をもっていないから、面接が嫌いなんですよね。

はー、どうにもなんねーべ、これ。