けーせらーせらー

仕事、転職に関するエトセトラ

HSPは、一部の芸能人の自己申告で下火になったと思う。

HSP、という表現があります。繊細な人、という訳し方をされたりもします。
この本を読んだ時、自分にも該当する箇所があるなあ、と感じました。

特に、五感に関するテーマの話。聴覚過敏の気があるので、この項目での対処法、具体的には耳栓などの対策は大いに役に立ちました。
現在では、ノイズキャンセリングのイヤホンをすることでかなり生活がしやすくなりました。

本の書き方の一部については、多少気になるところもありますが、自分にとって有益だと思う対処法は、参考になりました。

という風に、役立つHSPの本ですが、一部の芸能人が自分はHSPであると告白し始めてから、逆に下火になった気がしています。
というのも、自分はHSPだと告白した芸能人の中に、不倫で他人を傷つける行為を行った芸能人、他人を罵る芸風でのし上がった芸能人がいたからです。

繊細であるならば、他人の痛みにも敏感であるはず。
他人を傷つける言動は鈍感なのに、自分が反撃される場合は繊細、というのは、自分勝手な自分の行いを正当化するために、流行りの”HSP”を利用したのではないかと思われても仕方がない。
そうなると、普通の人も、公表しづらくなってしまったのではないかと思っています。

でも、今は、HSPは、人に理解してもらう、というものではなく、自分が自分の心を守るためのテクニックとしてのカテゴリではないかと思っていますので、他人に配慮してもらうキーワードではないとも思っています。