けーせらーせらー

仕事、転職に関するエトセトラ

決断と人生相談

仕事で難しいのは、決断することだと思う。
尚、ここで「決断する」ということは、100%正解であること、成功することがわかった段階で決めることは含まない。
正しいこと、成功することがわかっていることをやることは誰も悩まない。
また、100%わかるまで情報収集している合間に、既に乗り遅れている。

成功かどうかわからない段階、人によって意見がわかれる事柄、
将来に影響を与えるであろうことが確実な、道がわかれる事柄について
「決断する」。
また、人から高確率で反発を受けるであることが確実な事柄を実施するということも
「決断する」。

これが難しい。
不安、恐怖を覚えることもある。
特に人から反発を受けるのが確実な決断は、心が痛む。
なので、だれかに「正しい答え」を言って貰って「安心」を得たいものである。

さて、最近、YouTubeでも、人生相談を行い、著名人が回答するという動画をよく見かけるようになった。昔からTVや新聞でも行われているが、今でもはやっている。

そして、ズバッと答える回答者が好まれているように思える。

聞きたい分野の専門家に聞いて、専門家の知識を得たいというのもわかる。
聞きたい分野の先駆者に聞いて、先人の経験を聞きたいというもわかる。
別視点からの意見を聞いて、自分が誤解していないか、プレッシャー等で誤った判断をしていないか確認をしたいのもわかる。

しかし、著名ではあるが、全くの専門外の人に質問をするのは何故なのだろうと思った。
また、上記の事柄すべてに当てはまらないであろう、自分の中に既に答えがありそうなのに質問するのは何故だろうと思った。
そして、他人の相談という自分には全く関係のない人生相談が視聴者に受けるのは何故だろうと思った。

上記対する私なりの答えは以下の通り。

質問者としては、上にかいた正解のないことを、だれかに反発されるであろう決断を、だれかの答えを聞いて、自分が考えているのと同じか、自分の負担がすくないであろう答えを聞いて、「安心」を得たいのであろう。

だから、ズバッと答える回答者が好まれる。
”人それぞれ”とか、”あなたが決めること”、という、もっともな正論は好まれない。
一時期は、毒舌気味の強そうな年配者、俺(私)についてこい、というタイプの回答者が好まれたが、
今は、知識が豊富か、冷静で物事を俯瞰的にとらえている”ように見える”回答者が好まれている気がする。
尚、回答者が質問分野の専門家である必要はない。正直、何かの専門家である必要性もない。話のうまさが一番である。

しかし、視聴者を多く抱える回答者は、質問者に対して、最も正しいであろう答えをしている人は少ないと思う。
視聴者全体にとって、一番受けのいいであろう答えをしている場合が多いと思う。
質問者が答えてほしいであろう答えとは真逆のことを「あえて」答えて、驚かすのも、視聴者には驚きと新鮮さあって、受ける。

そして、受けのいい答えをいうのだから、回答者にとっても自分の専門分野外の方がいい。
もし自分の専門分野の質問の場合は、ガチで答えてしまうため、面白くないから。

要するに、人生相談のコーナーは、大抵エンターテイメント。
尚、それを悪いとは思わない。
エンターテイメントは面白ければいい。
話のうまさが全てであり、回答がいい結果を生むかどうかは関係ない。
エンターテイメントに正論なんて野暮。

話を戻す。
結局、「安心」を得たくとも、その安心を与える相手に結果責任はない。
また、質問者も、質問を頭でまとめて文章または会話で質問している段階で、頭が整理されて、答えは大抵でている。

決断は、やはり、自分で決めるしかない。
質問されれば、大抵は「腹を括れ!」という回答が正解と思う。

補足
科学的なことは証拠が重要であり、ここでの話とは別ですが、省略します。