けーせらーせらー

仕事、転職に関するエトセトラ

テレビの学者、知識人を見て思うこと

ひょんなことから、昔「朝まで生テレビ」で見かけたような学者がテレビで延々としゃべっているのを見た。
難解な言葉、英語と日本語を合成した言葉で、相手が理解できているかどうかはおかまいなしで、自説を話して、一般人を馬鹿にしていた。
主語を複数系にし
(自分が周りに支持されているか、自分が導くと思っているから複数形になる)、
自分の知識(自尊心を満足させるための知識であって真偽不明。)をひけらかし、
それを理解していなような他人をけなすことで、悦にひたっているようだった。
その姿は高説垂れてるクレーマーと大して変わらなかった。
視聴した時間の無駄だった。

そういえば、昔の学者とか知識人とかが出演していたテレビは、大抵、何をいっているのかわからず、他の出演者との議論もかみ合わず、かと思えば、急に怒ったりしていて、一体これは何なんだろう、と思ったものだ。
多分、今見たら、即チャンネルを変えるか消すだけだろう。
また、仮に自分が彼らの話していることがわかる頭脳を持ったとしても、それはそれで、彼らの意見が多分自分の問題解決に役立つことは何もないであろう。
他人のオ〇ニーを見ても、何の役にもたたないのと同じ。

彼らと比較すると、今のテレビにでてくる学者、評論家の言葉はあの頃と比べてわかりやすいなあ、という感想を持った。
多分、テレビの制作者がそういう人を出演させているのだろう。
そして、わかりやすいことを前提として、怒りを前面に出す「武闘派」がちょっと前まで流行ったが、今は「嘲笑系」か、「飄々系」に代わってきたなあという印象。

一時期、ニュースにタレントがコメントしてどうするんだと思っていたが、上記の番組を見て、むしろタレントの方が、意味不明な知識人より、むしろ視聴者にとってはよいかもしれない、と思っている。何をいいたいのかわかるだけまし。

ちなみに、話がわかりやすかろうが、難しかろうが、学者、評論家は、その時点の民主主義や国の政治を嘆くのは変わらない。
インターネットの隆盛が劣化を招くとかよくいうが、彼らはインターネットが広まる前から嘆いていた。

そして彼らの話を少しだけ聞いたところで、”私は”思う。

成人した国民全員が、「投票」によって国の代表を選ぶという今の民主主義が、どれだけ問題点があろうとも、今のところ最善の国家運営だと。
少なくとも、彼ら”知識人”が主導する政治よりは、今の政治の方がましであると。

”知識人”たちは、これまで通り、お仲間達と、自分達しかわからない言葉で、解釈し、屁理屈をこねて、自分たちの部屋に籠っていればいいと。