けーせらーせらー

仕事、メンタル、労働法、転職、書評に関するエトセトラ

業務改善助成金で、車やパソコンの購入代金が助成されるか?

知り合いから「業務改善助成金で、車やパソコンの購入費用を助成されるの知ってた?」と聞かれた。どうせ、YouTubeでも見て、安易に飛びついたのだろう。

一度この助成金については記事に書いたのだが、あらためてこのタイトルに限定して記事を書いてみることとした。

まずは証拠確認として厚生労働省公式のホームページを確認してみた。Q&Aや支給要領などが掲載されている。これを引用しておしまいでいいとも思ったが、こ一部だけ抜粋すると誤解を生むし、かといってまるまるコピペしても問題あるし…ということで、あえて載せないことにした。厚生労働省のホームページで確認されたい。

さて、掲載した資料をさらっと読んだうえでのザックリとした私の理解だが、車、パソコンなら何でも助成されると思ったら、それは違うと思う。ただし、支給要領等に記載される条件に当てはまる会社において購入される、支給要領等で定められたことに該当する車やパソコンならば助成する可能性はある思う。

「車やパソコン、という大きな括りをもって、それの購入代金が助成されるよ」と私ならいわない。

続いて、YouTube動画やSNSを探してみる。知り合いがどれを見たのかは知らないが、どうやら社労士等の投稿者はYES、NOどちらかに寄って発言している発言しているようだ。要するに判断が分かれている。(尚、畑違いの人か、匿名の投稿はスルーする)

判断が割れている理由は、恐らくこの「支給要件に当てはまった場合は助成される」ということをどうとらえるかの違いだろう。

「助成されます。ただし条件というのがあって・・・」と言うか、
「原則助成されません。ただし、特定の条件に当てはまる場合は除く」と言うかの違い。

業務改善助成金に限らず、この支給要領が一番肝心なのだが、支給要領というのはしょっちゅう変わる。緩和されたり、厳しくなったり、時期によって内容が変わるので、いつ時点のもので発言されているかも気にした方が良いだろう。

当然、支給されなくてもYouTubeの投稿者が補償してくれるわけではない。無料で見れるものなのだから。あと、労働条件関係の助成金は、専門家のコンサルタント料が助成対象になったりするからこそ、この助成金を紹介しているところも多い。(邪推)

最後にこの「業務改善助成金」という私の理解について、前の記事の繰り返しになるが再度説明する。

設備投資がクローズアップされていた動画も多かったが、この助成金は事業場内の最低賃金の引上げが必須条件となる。この要件が結構ややこしい。そしてどのタイミングで実施して申請するかというと、最低賃金の引き上げが例年10月に行われるので、その時期に行うのが多いと聞いたことがある。

だから、設備投資ありきで賃上げするのではなく、最低賃金アップによる人件費という経費増加に対する国の緩和策としての、設備投資等の助成なのではないかなあ、とは思う。

尚、労働局によっては、この助成金の支給が半年以上大幅に遅れているそうだ。その理由として考えられるのは、①申請件数が多すぎる、②支給要件に該当するかどうかの判断で審査に時間がかかっている、かのどちらかであろう。

最後にYouTubeの動画について。キャリアアップ助成金の正社員化コースの助成金取得のために、ハローワークの求人は「有期雇用労働者」と「正社員」の両方をだしましょう、雇う際にわざと入社6か月間はわざと有期契約にして賃金を3%相当下げましょうとか投稿している人の情報をそのまま鵜呑みにするのは個人的にどうかと思う…。

見てるかい知人A、君のことだよ、もう少し自分の力で情報収集しなさい。