けーせらーせらー

仕事、メンタル、労働法、転職、書評に関するエトセトラ

心の安定を誰かに委ねるから、今後も続くことを願うから、心が弱くなる。

不安になる時。心配になる時。怒る時。

大抵は、今の状態が変化することへの警戒からくる。”今”ここにいることに対して、誰かが、何かがその”安定”を脅かすと思うから怖くなる。

それは誰かに自分の”安定”をゆだねている証拠。自分が正しいと思っていることを周りの人間に保証してもらおうとしている証拠。今いる周りの人間が自分の考えに同意して、新しい”脅威”に一致団結して”自分と同じ考え”で立ち向かってもらうべきと思っている証拠。

この場合、心が弱くなる。周りの誰かに自分の身の安全を委ねているからである。周りに自分のことを認めてもらいたいと思うからである。

結果、他人の顔色を窺う。他人に疑心暗鬼になり、不安になる。怖くなる。

他人に何かを委ねなければ、自分ひとりで立ち向かうと腹を括れば、不安や恐怖は落ち着く。他人が自分を助けてくれたら、自分は幸運だったと思うか、その他人に感謝すればいい。

未来に安定を求めなければいい。国が、他国が、隣人が、上司が、同僚が、伴侶が、親が、子が、きょうだいが、自分の安定をこれからも守ってくれることを期待しなければいい。誰かに喧嘩を売られたら、その時に喧嘩上等と思っておけばいい。勝てそうにない相手、ヤバい相手なら逃げればいい。誰かに危害を及ぼされれば、その時立ち向かうか逃げるか考えればいい。まだ起こっていない未来に対して予測しようとするから不安になる。

未来を予測しようとしなければいい。未来は自分が思った通りにはならない。将来にわたって平和が続くと願わなければいい。平和はたった1人と対立することで簡単に崩れる。その1人が他国の独裁者なら戦争だ。その1人がでてこないように警戒をしていても疲労するだけだ。

自分の意見が周りに評価されるべき、賛同されるべきと思わなければいい。誰かに自分の正しさが否定されたのならば、否定された時にどうすればいいか考えればいい。

将来に向かって”今”努力することは、”今”準備することはアリだが、”将来”のことを予測しようとすれば、不安になる。思考すれば必ずマイナスのことを考えるからだ。

今心配する将来の事は9割起こらない。だが、想定外の心配事は未来で必ず発生する。”今”の自分が想定できないことが起こると思っておいた方がよい。

”将来”に備えるならば、”今”できることをする。起るかどうかも不明な”将来”に備えて”将来”のための行動をとるよりも、”今”できることをやったほうが、また”今”やったことで失敗したこと、徒労に終わっただけだと思っていたことが、案外”将来”役に立つものである。

シュミレーションは外れると思っておいた方がいい。シュミレーションをするのは、チームプレイをするときにバラバラな行動をとらないためにするものだ。また、他者に説明するためにするものだ。個人単位ならばOODAだ。PDCAサイクルなんてすぐに崩れる。

多分将来に自分の身に危険が及ぼされ負ける時もあるだろう。その時は負けを認めればいい。最悪、今の居場所から去ればいいと腹を括ればいい。

それだけのこと。