けーせらーせらー

仕事、転職に関するエトセトラ

新しいことをする時は、事前情報を仕入れすぎないこと。

今までしたことのないことを実行するときは不安がよぎります。特に、新しいことを実行する予定があるのだけれども、それは今すぐすることはできなくて、1か月先とかしばらく空白の期間があいた後に実行する場合。(ここから先の文章では先のことを1か月先と表現します)
不安を消すための最善の対処は「行動すること」です。不安になるのは「考える」から。だから、すぐに行動に移せば「考える」時間がなくなるので「考えなくなります」。しかし上記のように新しいことを1か月先にしかできない、すぐに行動することができない場合はどうしてもその1か月間「考える」時間ができてしまうのです。そして不安になる。

また、考えた結果、複数の選択肢が思いついて、その中からベストの方法というのを選ぼうとするとどうしても不安になります。経験がないので、どれがベストな方法なのか自分ではわからないのです。
対処法として「先人の知恵」を借りるというのも一つの手はあります。経験者に尋ねてその経験を活かすという手です。ですが、経験者が教えてくれることは大成功か、失敗に偏る傾向があります。問題なかった、まあまあだったというのは経験として記憶に残りにくく、失敗したほうが記憶に残るからです。そして大成功した場合も記憶に残りますが、大成功というのはまわりの状況、運に恵まれた場合もあり再現が難しい場合があります。よって、他人の経験というのは聞かないほうがいいケースも結構あります。悪い情報ばかりにふれると「不安」になりますし、自分も大成功しようとすると、裏返しで「失敗したくない」という心理が働き「不安」になります。よって、経験者の情報というのは常識といってもいいレベルとか、自分が思いもよらなかった目から鱗の話とかに限った方がよいと思います。

ネットの情報とかもあまりよくありません。失敗したケースの方が検索するとでてくるからです。まあまあの結果というのは記事のネタになりにくく、成功した事例は大抵はあえてネットに公表したりしませんし、公表する場合は「成功者」「武勇伝」として、多少話をオーバーにしがちです。
特に、病名と転職先のことはインターネットで調べない方がいいです。不安を煽る記事に心惹かれ、不安が増大します。

話を戻しますが、結局新しいことをするときに、常識は別として、成功や失敗の情報や経験談をもとに始めようとはしないほうがいいと思っています。情報を仕入れようというのは心理的に、成功しよう、失敗したくないという思いがあるから。そのため「不安になる」わけです。
新しいことなのだから失敗することもある、失敗したら撤退すればいい、再チャレンジすればいい、と考えるほうが「不安」は少なくなると思うのです。現に成功する人はそういう挑戦的か柔軟な思考をもっている人が多いと思います。多くのチャレンジをしているから経験値がたまり成功の糧となっているわけです。

新しい職場、新しい学校・クラス、新しい住所、実際に始まってみないとどうなるかは誰にもわかりません。始まる前の「不安」は根拠のない「妄想」でしかありません。

尚、当然ですが、事前の準備自体を否定しているわけではありません。

「前の職場でのやり方は…」と転職、異動先で言ってはいけない。

転職、人事異動のシーズンですね。
さて、転職、異動先では最初にその職場の仕事について教育係がつくことが多いと思います。その時に教育係に対して絶対に言ってはいけない言葉が「前職ではそうではなく、こうやっていました」。来て早々相手の教えたやり方を否定して、前の職場のやり方を継続しようとする発言です。前職は前職。現職は現職。やり方は違います。教えてもらっている立場で、前職のやり方を挙げて今のやり方を否定するのは絶対にNGです。
教育係の側にとってこれほどモチベーションを下げる発言はないでしょう。もうすすんで教えようとはしないでしょう。その職場での仕事のやり方を教わることは機会はなくなるでしょう。また、こういう発言は職場で一気に広がります。そして周りを一気に敵に回します。人間関係もうまくいかないことが確定です。だってそうでしょう。来ていきなり、今までの職場のやり方を否定しているわけですから。前がよくてここはよくない、と喧嘩を売っているに等しいわけですから。

今までのやり方を変えてはいけない、指示に黙って従えという意味ではありません。ミッションとして業務の改善や生産性の向上を求められている場合もあるので、マネするだけなら雇われたり異動させる必要がないケースもあります。何が言いたいかというと、わざわざ前の職場のやり方について発言する必要性がそもそもないという話です。自己の意見を尊重するなら、相手の今までのやり方を蔑むような発言をする必要はないという話です。

これまでの経験上、人事異動や転職で最初につまづく人は、結構前のやり方がこうだったと言う傾向があります。他山の石として、私も気をつけています。

また転職に失敗した年配者がやりがちなのが、前の職場での活躍を自慢げに披露することです。転職者が来た場合、使えない奴がきたとすぐにわかるのは最初の自己紹介です。
そう、「自分は〇〇という会社で〇〇部長をしていた」とドヤ顔で前職の輝かしい経歴を言い出すヤツです。聞かれてもないのに前職のエピソードを自ら話始めるヤツです。こういうヤツは90%仕事ができません、むしろ組織にとって邪魔になるヤツです。

面接の場では過去の経歴は必要です。講演の場なら自分の発言の説得力をあげるために必要な場合もあります。経営者や個人事業主にはそういうアピールも必要な時もあるでしょう。でも配属先の職場の挨拶で自らいいだすヤツはそこの職場のやり方、職場の人に大抵なじめません。そもそも”〇長”の仕事ができる、と自慢げに言っても、それと同じ”〇長”職に就かない限り、何の役にも立たないのに(こういう発言をする奴は同じポジションでも大抵できない)。過去の栄光にすがり、お前たちより俺の方が上なんだというアピールをし、評論家で、プライドばかりで自ら動かず協調性も思考の柔軟性もない。できるヤツは何も言わずに勝手にやります。

これは、引っ越し先でも同じです。前住んでいたところはどうこう、といって新しく住み始めたところのやり方をいきなり否定するヤツは排除されます。相手を否定するという喧嘩を売っているわけですから既存住民の警戒レベルはマックスからスタートです。

雇用調整助成金 令和5年4月1日以降について思うこと(3/18)

このブログで何度も取り上げている「雇用調整助成金」の特例措置。その特例が令和5年3月31日で終了することが令和5年3月17日、厚生労働省のホームページで告知された。2月末の段階では「検討中の案」という表記があったが、それがなくなったのでこれで確定であろう。

さて、このブログの閲覧数は「雇用調整助成金」関連の記事に集中しているのだが、3月はその中の「クーリング期間」について書いた記事の閲覧数がかつてないほど伸びている。報道により「コロナ特例」が令和5年3月末で終了予定であることは周知されているが、特例が終了し通常に戻るということは一体どういうことか、また報道では「クーリング期間」については触れられていないからか、ネットで調べた結果、この素人ブログまでたどり着かれているのだろうと私は推測している。
さて、今回の記事はエビデンスなしの感想記事である。確定情報を調べている方はここでバックされたい。

続きを読む

今日の出来事

今日から職場ではマスク外しました。私個人の判断です。マスクつけることの予防効果などは私にはよくわからないのでノーコメント。ではなぜ外したかというと、理由は3点。
1つは耳が痛い。どれだけ痛くないゴムをさがしてきても一日中つけっぱなしは耳が痛い。
2つ目は呼吸が苦しい。仕事柄電話することが多いのですが、1回30分ぐらい話すと酸欠でふらふらしてくる。あと相手も何言っているかわからないそうで、仕事上困難。
3つ目は上記の2つをクリアするために、結構高額なマスクを購入していたこと。経済的に馬鹿にならない。
4つ目はメガネがつけられない。曇る。眼鏡とマスクで耳が痛すぎる。なので、この3年はコンタクト。

病院等とか通勤ラッシュとかにつけるのは別にいいんです。一日中ではないし殆ど話さないので。ただ仕事中は私の耳と話す際の呼吸がずっと悲鳴をあげているのでやめました。
なので、転職先の候補としてテレワークかマスクを1日中つけなくていいところを探していたぐらいです。
最後に念押し。つけるつけないは個人の判断ですので、どちらが正しいか論争をするつもりはありません。

ただ、したり顔でマスクをつけているのは周りを気にする日本人の国民性とか同調圧力とか分析している一部のテレビにでている人とかインターネットで取り上げられている発言者には言いたい。マスクをつけていたのは、仕事上の業務命令、店舗等のお願いに従った、濃厚接触者の定義のなかに「マスクを着けずに近くにいたこと」というのがあったこと、など色々あります。それに、コロナ前からインフルエンザの流行期はマスクをつけることを業務上義務づけられている事業場もあるので、安直にマスクを着け続けている人を一纏めに分類するもんじゃないよ。

追記 業務命令として、来客対応の際はマスクをつけるよう指示されました。なんでも来客者は高齢者や基礎疾患のある方が見えるため、だとか。会社の方針はいまだそんなもんです。そういう労働者のことは目に入らないのか、相も変わらずマスコミは「顔マスク」だとかいってますが。

仕事のやりがいは、「他者貢献」か「達成感」

就職転職の際の目的の一つに「やりがい」のある仕事を探す、というのがあります。
ただ、私自身色々な仕事をこれまでやってきましたが、どんな仕事でもなんらかの「やりがい」を感じる時がありました。やりがいというのは一体どこからくるだろう?と思っていました。そこで、今回は「やりがい」をテーマに記事を書いてみようと思います。

まず初めにそもそも、仕事とはなにか、という原点に戻ってみます。
・仕事とは、生きるための手段として「衣食住」を確保するために「お金」を稼ぐことであり、
・「お金」を稼ぐというのは、他人からお金を得ることであり、
・他人からお金を得るということは、他人に物かサービスを提供する対価を得ることであり、
・他に提供する物、サービスというのは、他人が生きるために必要なものか、他人が喜ぶものか、他人の代わりに行うサービスです。

要するに他人からの金銭を得るための手段が「仕事」。そこに自分の「やりがい」が必要かどうかというと必須のものではない。「やりがい」はそもそも自己満足の世界であります。しかし、その他者から金銭を得る過程の中で自分がどう感じようとも個人の自由であり、そこに「満足感」や「幸福感」を感じること、それ「やりがい」といえるのかと。

では満足感や幸福感を得るためにはどうしたらいいかというと、他者から金銭を得る過程の中で他者から感謝される、他者に喜んでもらう、というのもひとつです。これが、よくいわれる「他者貢献」ではないかと。本当に他者が喜んでいるかどうかは他者本人でないとわからないので、あくまで自己の印象として「他者に貢献」したと感じるかどうかです。
では、他者が喜んでいるかわからない状況の場合で自分が満足感や幸福感を得るためにはどうすればいいかというと、よりうまく金銭を得ること、より多く金銭を得ること、より効率的に金銭をえる過程の中で、自分なりのスキルや経験を積み上げていくことに自分が「達成感」を得ることかと思います。

長くなりましたが、本題にもどると仕事の「やりがい」というのは自分が満足する以下の2通り
・他者の喜びに貢献すること、要は、人様のお役に立つこと
・金銭を得る手段を構築する過程で「達成感」を感じられること

WBCが今行われています。1年半前の東京オリンピックとは違い大盛り上がりです。
これは、東京オリンピックと違い、観客がいるかいないかの違いもあるかと思います。
そして選手も(私は選手ではないので推測です)観客がいるかいないかで「やりがい」が大きく違うと思うのです。勝つことで観客が喜ぶ=他者の喜びに貢献できますし、どうも観客がいないとそれが掴めず、自己満足の世界にいるような気がします。勿論対価を払って試合を見る人がいないとお金は得ることができませんが、仕事に満足感を得るためには、やはり自分が確認できる「他者」の介在が大きく左右されるのではないかと思うのです。
もちろん客が喜べばなんでもいい、というわけではないので、野球選手の場合はやはり野球という競技を通じて喜ぶ手段を提供しているわけです。そしてその手段は野球選手自身が選んだわけで、その手段を得るための過程と結果、つまり、プロ選手になり、日本代表選手になり、その過程でスキルと経験を得て、勝利に自分が貢献することが満足感に繋がるのではないかと。

失敗/実力不足を認め、その結果他人に悪く言われることを恐れないこと

少し前の記事で「他責思考」の人の話(以下Aさん)をしました。今日は其の話の続きからです。

この人物が在籍中に周りの同僚たちと、Aさんは何故あんなに「他責思考」なのかを話し合っていたんです。異動してきたばかりのAさんに対しすぐさま結果を出すことを周りは求めていなかったのに。そもそも、すぐに結果がでるようなそんな簡単な仕事ではない。
実際のところはAさん本人しかその理由を知る由はないのですが、周囲の人間としてはAさんが「失敗を認めること」、そして失敗したことで「他人に悪くいわれること」を恐れすぎていた結果ではないかという分析結果になりました。そして、失敗を認めたくないがために他人に失敗の責任を転嫁し、叱責を恐れるがあまり、失敗したのは仕事の教え方が下手な周りの人のせいであって自分のせいではない、と発言していたのではないか、と。しかし、その結果かえって他人に悪く言われるし、責任転嫁された周りからは当然協力が得られなくなるので、失敗も増えていく、と。「他責思考」がかえって自分が望まない結果を自ら招いていると。

でもこれは「他山の石」。自分にも、誰にでも置き換えれられます。
「失敗をしないようにしよう」「失敗したことで他人に悪くいわれないようにしよう」と意識しすぎるとプレッシャーとストレスがかかりかえって失敗するし、失敗を隠蔽したり、失敗の責任を周りに転嫁したりすると、かえって単なる1つの失敗の事実より余計に他人の心証が悪くなる。
失敗を認めて、すいません以後気を付けまーす、と素直に言える人の方がかえって仕事はうまくいくのではないかと思うのです。

office2021 結局購入しました。

昨年秋にパソコンを購入した際、Microsoft officeなしのものを買いました。
理由は、最近、officeの無料のオンライン版で大抵のことはやれるという話を聞いたため、実際どんなものか試してみたかったのがあります。
実際、パソコンを購入した当初は問題はそれほどなかったです。
しかし、年明けになって以下の問題が発生しました。

・Wordの印刷設定が上手くできない。
・Wordの図形、〇が書けない。
・前のパソコンで作った資料を逐次オンライン版に変更しないといけない。

調べればやり方はあるかもしれませんが、無料のオンライン版では上記の2つがどうしてもうまくできない。とある事情で家のパソコンで書いたwordの文章を紙で提出する必要があったのですが、文字の間隔が広くなりすぎて印刷が上手くいきませんでした。その時は、Googleのドキュメントを使ってなんとか対処しました。その後、これまた私的なメールでWordに〇をつけて返信するという必要があったのですが、〇がつけられない。Googleドキュメントもどうやって返信すればいいかわからない…。
というわけで、Microsoft officeを購入しました。やはり無料版、有料版と同じ機能が使えたら誰も有料版を使わないわな、という結論です。
ちなみに、購入したのはMicrosoft office home&business2021です。Amazonでセールの時に買いました。ダウンロード版です。
personalでよかったのですがセールをしていなかったので、セールでpersonalに近い額になったhome&businessを買いました。PowerPointはそれほど使わないのですが、ま、なんか役に立つときもあるでしょう。後、個人的には365のサブスク版より買い切り版の方が好きです。