けーせらーせらー

仕事、メンタル、労働法、転職、書評に関するエトセトラ

知人が退職すると置いていかれるという焦燥感がするのは何故か?他

さて、数日前の記事にも書いたが会社の同僚がまた退職する。それについて、いくつかの話題の記事。

これまでの経緯

今の会社に入社した頃は、コロナ禍の真っただ中の戦場のような職場だった。そこに有期契約社員として何人かの専門職が入社していた。その中の1人が私だ。

コロナ禍が終り、一人また一人退職、転職していった。コロナ禍が終った今年の3月末には沢山の仲間が契約満了で去っていった。その結果、コロナ禍中に入社した専門職は4月の段階で私を含め2人になり、この退職で同じ部署では私1人になった。他の部署に異動した者もいるのだが、殆ど接点がなくなったので、本当にボッチになってしまった。

会社には専門職はいるが、入社時期はコロナ禍前からいる人か、コロナ禍がひと段落した後に最近入社した人。あの苦労の際を知らない人か、難を逃れるかのようにしていた輩か、もう達観した仙人のような人か。いづれにせよ、苦労を共にした同志、戦友という気はしない。

コロナ禍という苦労をした人間はボロボロになって去り、上手にそこから逃がれてきた人間、そこを避けてから来た人間が生き残る。また、会社に意見した人間は、会社を悪くいう他責の人間と扱われ、文句をいわないが職務怠慢にはならない程度に働き、コロナ禍ではあてにならないと判断された人間が生き残る。

会社、組織というのはそんなものだということは、メンタル疾患になった時に嫌というほど味わわされて知っていたはずなのに、今ショックを受けている自分に驚いている。

どんな仕事につくべきかというネットで見つけた考え

・上司や会社に嫌な目にあわされても、会社にすがって生きて、死んだ時に墓標に「嫌な上司や会社でも我慢して人生を終えました」と書かれるか、成功するにしても失敗するにしても「自分がやりたいことをやりました」と書くか、どちらがいいか?勿論、自分のやりたいことをチャレンジするのがよいという意見。

・”やりがい”は、他人の低い評価や心無い言葉でなくし、”好き”は嫌なことがあると”嫌い”になる。”感情”は長続きしないから、長くその仕事(職務)をしようとするならから、”金銭の獲得”という感情抜きの基準で働いた方がいい、という意見。

・適性のある仕事に就いた方がいい。適性のある仕事というのは、その仕事をしていて”苦に感じない”仕事のことをいう、という意見。

どれもあっているようで悩ましい。

自分の今の仕事は、私の年齢と今の田舎の住居を動かないで働くという条件を必須にすると、転職しても、賃金の面では下がるだろう。だから、金銭の獲得という感情抜きにすれば今のまま続けるのがいい。自分が満足していないのは、自分がそこで”苦に感じているか”、”自分の人生でこれをやりたい”ということをしていないからであろう。

多分、私が苦にならないのは、対人関係をそんなに気にしなくていい職場だろう。これは人間と関わりたくない、という意味ではなくて、正直、他人と衝突するのはもう疲れた、という意味でもある。他人と衝突する、ということは、他人と仕事のやり方や考え方が一致しないからであろう。

仕事に焦燥感を感じている理由

自分が他人の動向を気にして仕事をしているからであり、今の仕事に満足していない自分がいるからであろう。その仕事をどう評価するかはそれぞれなのに、他人にその評価を依存している証拠。そして、自分が今のままでいいのか、と疑問を持っている証拠。

私が今の仕事のままでいいのかと思っているのは、近い将来、自分に被害が加わるのではないか、後悔するのではないか、と現在と未来に怯えているからであろう。最近、怒りの記事を書いているが、怒るということは、ある意味恐怖を感じているともいえる。

多分、他の人も仕事に対する恐怖というのを大なり小なり感じてはいると思う。ただ自分は他人よりその意識がかなり強いほうだと思う。他人や会社に自分が期待しているのは、自分の身の安全を将来にわたって保障してもらって安心したいからであろう。他人に自分に居てほしいといってもらって安心したいからだろう。だから、他人の評価により不安になったり、怒ったりするのだろう。

多分、この他人への依存から抜け出せない限り、どの職場にいっても、私は転職を繰り返す。だから、ボッチになっても、私の最優先は他人への依存を少しでも取り除くことだと思っている。転職はそれからだ。

うつ病になりやすい人、というSNSでの意見はあくまで私見

会社で休職を担当していると自称していた人の意見で、うつ病になる傾向があるのは、休日に遊ぶ友達がいない孤独な人だ、という分析を書いている人がいた。確かにそうかもしれない。休みと遊びは重要だ。

だが、重度のメンタル疾患になった私はそれでは分析は不十分だと感じている。私はメンタル疾患で入院していた時に、同じ入院患者と積極的に接触し、メンタル疾患になった理由を聞いていた。孤独な人はあまりいなくて、むしろ家族や恋人がいるが、そこで躓いている人も多くいた。孤独だからではなく、人間関係が上手くいっていないといった方が適切だと思う。

休日については、以前クリスマスに伴侶の世間体を気にして海外旅行に同伴し、病気を悪化させた人の記事を書いた。なにも休みに家族友人と遊べばいい、というものではない。休みは重要だが、休み方も重要であり、世間体を気にした休み方は正しいとはいえない。

いわゆる陽キャも、金持ちも、美男美女も老人も若者も男も女もメンタル疾患になっていた。孤独で貧しい見た目がさえない陰キャうつ病になるわけではない。

寧ろ、他人からどういわれても馬耳東風の人の方がうつ病になりにくいではないかと思う。他人がどう評価しようとも関係ないと心から思っているからだと思う。

まあ、これは医師でもない患者の私見、偏見。

本当の退職理由は人事、上司にはわからない

私は他人が退職するタイミングをこれまで何度となくみてきた。一番多い退職理由は病気とか介護とか育児とか転居とか、会社のせいではない理由をあげていた。今流行の退職代行がそれほど盛んでない時代の話だから、時代遅れになっているかもしれないけれども。転職希望者はキャリアアップなどという将来への希望に満ちた理由をいうが、退職する人は上記の理由をいう。つまり、独立開業のような人以外は、退職理由と転職理由は一致しない。

本当に病気とか介護とかの理由がある人は確かにいる。だが、ほとんどは退職先とトラブルにならないように、いや次の転職先に変な情報を流されないように、上記の理由をいう人も多い。

そのような人の本当の退職理由は何か?私の予測だが、多分気持ちが折れたのだと思う。人間関係、賃金の低さも含め、そこで働く気力をなくす出来事があったということである。それも1つではない。大なり小なり嫌な出来事が重なって、あるタイミングで、ボキッとなり、いやスパッと「もう、辞めよう」となる。複数の理由があるから、1つの理由では語られない。1つの理由だったら、それは最近のものであったりする。その場合、それぐらいで辞めるの?と疑問を持つ退職先もあるかもしれないが、その場合は、複数の出来事が重なったものと考えたほうがいい。

または今すぐにでも辞めたいから、上記のような反対できない退職理由を告げてくる。

人間関係は10人いれば1人以上誰かと衝突する。だから、人間関係を理由とした離職率10~20%はなにもしなければありうる。それを仕方がないと思うかどうか。その衝突の前に、担当替えや異動という手段で対応、行動できなかったのか。その機会を見過ごしていなかったか。

従業員数が10人程度で部署も一つで人事異動もできない会社ならともかく、大企業の人事担当者ならば、そう自問すべきだろう。