けーせらーせらー

仕事、メンタル、労働法、転職、書評に関するエトセトラ

「他責思考の人」は「働かない人」よりたちが悪いから職場に居てもらっては困るというお話

私は「他責思考」というワードが嫌いでした。というのも転職面接の際に「他責思考」の人間を採用してはいけない、といわれているから。

ですが、転職において前職の退職理由は「他責」に該当するだろうと思っています。なぜなら、退職理由の大半は「人間関係」「低賃金」「長時間労働」「パワハラ」「リストラ」が中心です。この退職理由をそのまま伝えると、こう返されます。

「そもそもあなたが選んで入社した会社でしょう?人間関係はどこでもつきまとう問題でしょ?低賃金はあなたの努力不足でしょう?長時間労働はあなたの業務効率が悪いからでしょう?パワハラ、セクハラはその職場で上司や人事に訴えて解決すべき事案でしょう?そのような退職理由を他人に転嫁してはダメ。経営者や上司の責任にしているの?」という返しをされるらしい。

そして言われるのです。あなたは責任を他人に押し付ける「他責」人間であると。

だったら、「自分が悪かったんです…。」という「自責思考」で退職理由を言えばいいかという話になりますが、私は正直自分が悪かったかのような退職理由でも反論可能だと思っています。「あなたは会社組織を自分だけの力でどうにかできると思っているの?」と。

要するに、「他責思考」で退職理由を聞かれて答えたら大抵の人は行き詰ります。本当のことを言ってはダメなのです。

というわけで「他責思考」という表現は嫌いでした。
ところが「他責思考」の塊のような人間が異動で実際自分の職場にきて、この考えがかわりました。以下実話です。(わかりやすくするため脚色しています。)

・「仕事を教えてもらえない。パワハラだ」

マニュアルや引継ぎ資料すら読まないため、まずはマニュアル等を読むよう伝えた時の返事。書物を読むのが面倒なので、口頭で一から十まで全部説明してできるまで確認してほしいらしい。

・「異動の内示から異動日前日まで前の仕事をさせられて新しい仕事の準備の時間がなかった。だから今の仕事ができないのは前の職場のせい」

異動日前日まで前の部署の人間なのだから前の部署の仕事をすること自体何もおかしくないのだが、準備できてない理由を前の職場のせいにしている。

・「仕事がわからないのは、上司や先輩の教え方が悪いからだ。自分は悪くない」

教えてもらった内容が理解できないとき。

・「自分だけ扱いが異なる。パワハラだ」

個別に業務時間を割いて仕事を教えたとき。

・「指示どおりにやっただけ。自分は悪くない。ミスをしたのは指示した人間が原因。自分を責めるのはパワハラだ」

ミスをしたとき。

「自分だけ別の簡単な仕事を与えて本来の仕事をさせない。パワハラだ」

それならばと、仕事ができるようになるまで別の簡単な仕事から始めさせた時


…最終的には「パワハラ」を理由に職場を去っていきました。
ここまで「他責思考」の人間に私は初めて出会ったかもしれません。ここまで「人のせい」にする人間がいるのか、これが「他責思考」か…と。

上司や同僚は、自分の時間を犠牲にして、神経を使ってこの扱い。叱っていなくてもパワハラ扱い、要するに自分の思い通りにいかないことは他人のせい。

このような人間ならば、いっそのこと他人の時間を邪魔しない分、余計な神経を使わせない分「仕事をしないおじさん」の方がまし。

「他責思考の人間」を採用してはいけない、と転職エージェントや採用担当者、コンサルタントが言っている意味が、実際にそういう人間と仕事をしてよくわかりました。こういう人間が組織にいると周りの生産性やチームワーク、指導体制が崩壊し、モチベーションが下がります。これでは欠員の方がまだましで、中小、零細企業で数人しかいない職場にこういう人間が正社員で入社してきたら、会社を潰されかねないわ…。(本人に自覚がないので退職しない)

求職側としてはこういう組織を破壊しかねない「他責思考」の人間と誤解されないような面接対策が必要ということです。ちなみに「人柄重視」という採用方針は、このような「他責思考」人間は採用しない、という意味も含まれているのでしょう。

尚、経験の浅い人や、仕事の飲み込みが遅い人のことを批判しているわけではないです。読んでもらえればわかるかと思いますが一応念押ししています。