けーせらーせらー

仕事、転職に関するエトセトラ

その本は、本当にその著者が書いたのですか?

とあるネットの記事にて
「いわゆる”自己啓発”本を執筆しているのは、著者として表示されている人ではない」
と書いてありました。
そして、自己啓発という分野だけでなく、
”テクニック本”自体もゴーストライターが書いている、とのこと。

実際、ゴーストライターは、何十年前に某アイドルが口を滑らしたり、
今も某実業家の方が、自分が書いてはいない、
インタビューで話した内容を誰かが文章化していると公言しているので、
ある程度は知ってはいましたが、
”専門家”から話すら聞いていないゴーストライターが想像で書いた本もある、
とまで踏み込んだのは驚いた。

とはいえ、結局のところ、著者が本当に書いたのかどうか調べる方法は、読者にはわからない。

見方を変えれば、
テレビに出ている人の発言であっても、
本当にその人の意見なのか、台本どおりに話しているだけなのか、
実際のところは関係者でないとわからない。

またはテレビにでているその人物は本当に見識があるのか、
単なる、記憶力があり、話が上手い人なのか、区別がつかない。

ネットの記事だってそう。
多忙な芸能人はいうに及ばず、専門家のホームページだって、
本当にその人が書いたのか、その人の意見なのか、読者にはわからない。

結論

何がいいたいかというと、
〇〇さんがいったから、専門家の意見だから、といって鵜呑みにするな、ということです。
(疑心暗鬼になりすぎて、陰謀論に走ってしまうのもどうかと思いますが。)

ところで、最近、自己啓発本
「自己肯定感」を高める本、「気にしない」ことを薦める本が多いです。
そして、その著者は、専門家よりも
TVやインターネットなどで、自己肯定感が高く、他人の顔色を気にしない方の本が売れるようです。

また
取材や研究に基づいた本よりも、

著者のイメージを借りた、面白い作り話の本の方が売れる、ということか。

悲しいけど、まあ、本を売るためには、出版社が生き残るためには仕方がないのかもね。